働きながら目指すUSCPA合格

サラリーマンが効率よくUSCPA(米国公認会計士)試験の合格を目指す

*

自己紹介

はじめに

私は働きながらUSCPA(米国公認会計士)試験の合格を目指しています。

社会人8年目ですが、キャリアアップのためにUSCPAの勉強を始めました。なるべく早く、なるべく安く、つまりは、できる限り効率よく合格することを目標にしています。

このサイト(働きながら目指すUSCPA合格)では、私の合格までの道のりの記録を紹介していきます。

スクールはプロアクティブに通っています。

 

科目試験のおおまかな受験履歴

2013年3月から勉強を始めました。

受験資格を満たして受験票をとるまでに思ったよりも時間がかかりましたが、2014年1月にFARの試験を受け一発合格。2014年2月にBECの試験を受けこれも一発合格することができました。

そのあとは仕事が忙しくなりしばらく勉強を離れてしまいましたが、2014年12月から勉強を再開。2015年1月にAUDを受けなんとか一発合格。現在は、2015年2月に受けたREGの結果を待っているという状況です。

始めたばかりのときは1年で全4科目を合格することを目標にしていましたが、途中で仕事が忙しくなり勉強が中だるみをしてしまいました。ちょっと目標が高すぎたかもしれないですね。

当初の目標よりも大幅に遅れてしまっていまが、いまのところ3科目とも一発合格はできたのでお金を無駄にすることはなく、良かったと思っています。

 

USCPA勉強前の英語力・会計知識

これからUSCPA合格を目指そうという方の参考になればと思い、ぼくの勉強前のスキルをまとめます。

  • 英語力は留学経験がありましたのでTOEICは980点とっています。10年くらい前ですけどね。
  • 日商簿記の2級は持っています。3級をまずとって、そのあと2級取りました。市販のテキストの独学でした。
  • ファイナンシャルプランナーの2級持ってます。これも3級をまずとって、そのあと2級取りました。同じく市販のテキストで独学。
  • 仕事で管理会計やってます。記帳はしませんが、経理チームが作った決算書のチェックはするのでかなり会計に近いことを仕事でやってます。

タイプ別 おすすめUSCPA予備校

とにかく効率的に合格したい人向け

 USCPA合格実績ナンバーワンを誇る海外資格専門の予備校。効率重視のオリジナル教材を活用し、インプットは日本語、アウトプットは英語で行うハイブリッド形式が魅力です。満点狙いの網羅的な学習ではなく、あくまで合格点狙いで効率性を重視しており、働きながら勉強するには最適の予備校です。

日本語でじっくり勉強したい人向け

言わずと知れた国内資格予備校の最大手。米国公認会計士コースは2年間かけて日本語でじっくり基礎から学べるカリキュラムが組まれており、英語が得意でない人でも安心して始められます。合格までの効率性よりも、基礎からじっくり勉強をしたい人におすすめします。

公開日:
最終更新日:2015/03/21