働きながら目指すUSCPA合格

サラリーマンが効率よくUSCPA(米国公認会計士)試験の合格を目指す

*

REGの試験結果が出ました

      2015/07/18

Blue Jay

さてさて、2015年2月にうけたREGの試験の結果がでました!

長かったUSCPA資格試験の最後の科目です。ついにここまで来たという感じです。

第4テストレットでResearch問題が2問も出てしまい焦りましたが、第1~3テストレットのMC問題は比較的さらさら解けた印象ではありました。さぁ、結果やいかに!

参考:米国公認会計士(USCPA)資格試験:REGを受験してきました

スポンサーリンク

 

NASBAのスコアリリースページが気になってしょうがない

nasba

フライング気味に早めにアクセスしたときのスクリーンショットです。会社での休憩時間にネットからチェックしました。

カウントダウンしてくれているのが嬉しいですね。なんというか、さすがアメリカ、こんな真面目な組織でも遊び心があるんでしょうね。

NASBA: Candidate Online Advisory Score

ちなみに州や受験番号によってはこのオンライン解禁時に間に合わずに少し遅れることがあるらしいとNASBAのどこかのページで読んだ気がしますが、アラスカ州の私はそんな遅れを感じることはなく、いつもバッチリオンラインで確認できました。

スポンサーリンク

 

REG試験の結果

oldcar

87点でした!

いやいや、よかったです。安心しました。

いつもこのNASBAのページで画面を確認するときはドキドキします。学生時代をちょっと思い出しますね。高校受験で結果を見に行ったときみたいな。いまもその学校まで見に行って掲示板に貼り出されるのをみるんですかね?オンラインになっているんですかね?アナログに掲示板を見に行ったほうが気分的には盛り上がるので、その慣習はデジタル化せずに残して欲しいですけどね。まぁ、遠方の人には不便でしょうが。

話がそれましたが、REGの結果も思ったよりも高得点でしたが、やはり第1~3テストレットのMC問題が順調だったという感触は正しかったようです。

見慣れた問題が多かったので、アウトプット重視で過去問題を反復して解いたのが報われました。

あとは、冒頭でもふれたResearch問題ですが、配点が高くないという噂は本当かもしれないですね。私はここに15分くらい使ってしまいましたが、テストレット4で時間に余裕がなかったら、Research問題よりも計算問題の方に時間を使ったほうが賢明かもしれませんね。まぁ、あんまり無責任なこと言えませんが。

タイプ別 おすすめUSCPA予備校

とにかく効率的に合格したい人向け

 USCPA合格実績ナンバーワンを誇る海外資格専門の予備校。効率重視のオリジナル教材を活用し、インプットは日本語、アウトプットは英語で行うハイブリッド形式が魅力です。満点狙いの網羅的な学習ではなく、あくまで合格点狙いで効率性を重視しており、働きながら勉強するには最適の予備校です。

日本語でじっくり勉強したい人向け

言わずと知れた国内資格予備校の最大手。米国公認会計士コースは2年間かけて日本語でじっくり基礎から学べるカリキュラムが組まれており、英語が得意でない人でも安心して始められます。合格までの効率性よりも、基礎からじっくり勉強をしたい人におすすめします。

 - USCPA試験結果